製薬勤務希望医師

医師の方々へ

医師の方々は、臨床医として患者さんの救命や苦痛を取り除きたいとの志で医師になられたと思いますが、一人の医師が臨床医として治療できる患者数は限られています。製薬企業に勤務し開発等に携わることは、新薬を開発することによって数多くの患者を救うことができる意義があります。近年製薬企業では、開発部門等で医師を採用し新薬開発の中心となることを期待しています。
現在外資系企業を中心に新薬の開発はグローバルスタディが日本での開発の中心を占めてきております。その現場では医学的専門知識を持った臨床医師が開発の中心的役割を担っており、質の高い新薬開発を進めています。また製薬会社のコンプライアンス、有用性に対するエビデンスが重要視される中、今後、製薬会社へ勤務する医師の仕事はより重要性が高まっています。
このような背景から医師の新たな転職先としてこれら製薬企業に転職してみませんか。
きっと今までにない遣り甲斐、達成感と合わせそれに応じた収入を得られることと思います。
ヒューマンダイナミックスでは、過去約100人の医師を製薬企業へ紹介した実績があり、それらのノウハウを活かし、医師の方々の満足のいくご転職のアシストをしております。病院または医局の退職、年収の交渉、転居に関する事についてのご相談などご転職にかかわるトータルなサポートも行っております。
製薬企業の動向をもとにしたキャリアコンサルティングを行うことで、医師の方々には大変ご満足を頂いております。


製薬企業での医師(MD)の職務内容

製薬会社へ勤務する医師の業務は、大きくわけて1)臨床開発 2)安全性情報 3)メディカル・アフェアーズに分けられます。

(1) 臨床開発

臨床開発部門は治験(臨床試験)により新薬の有用性(有効性と安全性)のデータを収集し、それに基づき新薬を発売する為の申請資料を作成し、厚労省/PMDAから販売の承認を受ける。

【具体的な職務内容】

  • 「専門領域担当医師(以下担当医師)」は、治験計画を立案し、夫々の治験実施計画書(Protocol)を作成または医学的観点から意見を言う。治験から得られた結果を総括報告書(論文)、申請資料を作成または医学的観点から意見を述べる。
  • 本社・開発本部が海外の場合、Global study、Asian studyの治験計画、治験実施計画書、その論文、申請書の作成へ「担当医師」はメンバーの一員として参画する。
  • Globalで実施する治験の治験計画書、ProtocolがFixされる前に、PMDAと相談・協議し、日本で実施できるように、日本の意見をGlobalへ反映させる。その際に「担当医師」の役割は重要である。
  • 「担当医師」は、担当治療領域の専門家の意見を治験に反映させるため、全国の専門医師と情報交換を行う。
(2) 安全性情報(ファーマコビジュランス)

安全性情報(PV)の業務は治験中並びに販売中に臨床医師から報告、または文献で検索される有害事象の評価、伝達、添付文書への反映。担当医師は評価するか、評価へ意見を述べる。また、集まった有害情報を医学科学的に検討し、薬のBenefitとRiskを考え、Riskを最小化する方策を検討し、重篤な副作用へ至らしめないよう予防的対策を実施。

【具体的な職務内容】

  • ドラッグモニタリングとしてファーマコビジュランス
    • 新薬の治験中に治験担当医師から報告される有害事象、販売中に臨床医師から報告される副作用、文献・学会で発表された副作用を薬との因果関係の観点から評価。 即ち、治験担当医師、臨床医師などから有害事象として報告されたものが「元来疾患からの症状」、「他の薬との併用による副作用」、「その薬自身からの副作用」などと評価。その薬自体から副作用と評価さる場合はその頻度、重篤度を検討。Global企業は海外と協議。薬事法に沿い必要に応じて当局へ報告し、添付文書へ記載し、臨床医師へ周知徹底。
    • 「担当医師」は社内で評価された副作用が妥当かどうかの最終評価をするか、医学的観点から最終評価のためのアドバイスをする。
    • 必要に応じて会社の医学専門家として有害事象を報告した治験担当医、臨床医師と協議。
    • 「担当医師」上記業務のため、文献、学会などから最新の情報の収集と評価能力を高める。
  • リスクマネジメントとしてのファーマコビジュランス
    • 治験の初期段階では非臨床の毒性試験データなどから、新薬の治験中に報告されるかもしれない有害事象を予測し、報告された場合の対策、対応を準備する。
    • 治験前期に報告された有害事象から、治験後期にも報告される頻度、重篤度を予測し、予防対策を検討する。治験中の有害事象報告から新薬の安全性検討事項を特定し、販売後の「安全性監視計画」(自発報告、薬疫学研究など)を立案する。夫々の事項のRiskを最小化する方策を検討・実施。即ち、Risk Managementし、新薬のBenefitを最大限化する。Global Levelで開発されている新薬についてはGlobal levelで対応。
    • 「担当医師」はその実務を担当するか、Risk Managementの方策へ提言する。
    • そのため、全国の治療領域の専門家と意見交換する。
(3) メディカルアフェアーズ

「担当医師」は担当製品の販売を最大化するため、新薬の開発、発売戦略、販売中戦略までの幅広い業務を医学的観点から担当または意見を述べる。
具体的には、以下のような業務に携わることになる。製薬会社により多少担当業務範囲が異なる。

【具体的な職務内容】

  • 全国の専門医師と専門領域の診断・治療のあり方、新薬の作用機序などについて情報交換をする。
  • 創薬された薬物を日本で新薬として開発するべきかどうかについて、医学的観点から判断・提案をする。
  • 販売製品の売上を最大化するため、適応症などを医学的観点から提案する。
  • 開発品を出来る限り早く商品化させるため、開発戦略へ医学的観から意見を述べる。
  • 新薬発売のマーケティング戦略へ医学的観点から意見を述べる。
  • 「臨床研究に関する倫理指針」を順守し、医師主導の臨床研究をサポートする。
  • 会社によっては医学科学情報をマーケティング部門、MRなどに提供、教育する。

どのような医師が企業からもとめられているか?

医師として臨床経験5年以上、さらに専門領域でのご経験3年以上あれば歓迎されます。また実際に治験業務に携わった経験があれば尚良いです。またの英語でのやり取りは絶対条件ですので、TOEICレベルで700点以上を求めています。最近は海外経験があることも歓迎されます。また博士号や専門医等の資格をお持ちであれば尚良いかと思います。



雇用条件についてはどのようになっていますか?

会社に正社員として雇用される場合は、企業の勤務条件に則った形になりますが、休日は土、日、祝、年末年始等があります。勤務時間は会社により若干異なりますが、7~8時間となり、殆どの製薬会社がフレックスタイム制を導入しています。休暇については、有給休暇は大体20日程度付与され、有給休暇の消化率は医療機関勤務医師より高くなっています。福利厚生についても企業により若干異なりますが、社会保険等の他、借り上げ社宅、住宅補助、産休・育休・時短勤務・在宅勤務が規定されている。
担当治療領域の国内学会へ参加は業務として認められる。国際学会へも業務として参加できる場合もある。
ほぼ転勤等もありません。