製薬業界への転職方法

評価される職務経歴書とは?

職務経歴書の中で表現することは何かを考えます。当然企業が望んでいる人物かどうかです。そのために企業が望んでいるスキル、経験、能力、人間性、などを募集要項より把握してそれに合う表現をします。
下記内容を含め、ご自身のアピールできる部分を表現します。

MR職の場合

  • 法人営業、個人向け営業、ルート営業などの営業スタイル
  • 担当企業名・施設名
  • 実績を具体的に書く。前期比、施設ごとの伸び率、表彰を受けたもの、社内での順位など
  • 営業手法など仕事に対するスタンス
  • 成功事例
  • 昇級したときの評価は
  • 部下の人数

MR職務経歴書サンプルPDF


臨床開発モニター(CRA)の場合

  • 担当治療領域
  • グローバル試験/ローカル試験 の区分
  • 担当施設名、依頼症例数、回収症例(CRF)数
  • 業務内容(施設選定、スタートアップミーティングetc.)
  • 成功事例(治験推進にあたり、努力したことなど)
  • 有害事象発生時の対応
  • 英語での対応経験

モニター職務経歴書サンプルPDF



面接を成功に導くには?

ヒューマンダイナミックスの万全の面接対策を行い、本番の面接へ臨んでいただきます!

弊社では面接官と同じ視点で想定面接を含む面接指導をいたします。 想定面接・面接指導をすることで、自分自身の考えが整理され、本番の面接時での回答がスムーズになります。


面接本番で気を付ける事

  • 基本的なことですが面接では、身だしなみ、態度、挨拶などの基本的なことは重要です
  • 質問には簡潔明瞭に答えます
  • 質問されていないことは、言わない
  • 最低一度は笑顔を作る
  • 面接官から「質問はありますか?」と聞かれた場合は、1,2つは質問を用意しておく

面接で確認されることは・・・
・人柄・人間性。
・その仕事をする能力。
・入社したいという意欲・やる気。

の3点です。

人柄、やる気は面接時の言葉遣い、態度などでも評価されます。
能力については、自分の実績をアピール出来るよう具体的事例を用意し、わかりやすく説明しなければなりません。
最後に挙げている「この会社へ入社したいという意欲」が伝わらなければ、上記2点の回答がうまく出来ても無駄になってしまいます。

面接に対して万全の状態で臨むためには最低でも下記の質問に対する回答を用意しておくべきでしょう。


面接時に聞かれる一般的な質問

あなたの経歴を簡単に説明してください。
履歴書、職務経歴書を提出しているのでその内容に沿って説明していくことが必要です。質問に対しての答えは簡潔・明瞭しなければなりません。的の外れた回答はNGです。
転職理由・退職理由は何ですか?
転職理由は前向きに。今までの経験を活かしキャリアアップしたいことをアピールしなければなりません。今の会社(組織・上司・制度・環境)への不満を理由にするのはNGです。
この会社を志望した理由・動機は何ですか?
志望している会社の情報を調べ、会社の理念や方針また営業展開など会社の特徴をとらえ、自分の経験がこの会社でどのように活かせるかをまとめて話します。「この会社へ入社したい」という意欲を存分にアピールします。
仕事における成功事例を話してください。
まず結論から伝え、成功に至ったプロセス、努力内容、攻略方法などを理論的に伝えることが重要です。
仕事における失敗事例を話してください。またその失敗をどのような方法で回避したか教えてください。
失敗した事例から学んだことや、回避した方法をわかりやすく説明しなければなりません。その経験が後の仕事にどのように活かせたかが重要です。
あなたの長所、短所は何ですか?
面接官はこの質問をすることで、自分をどの程度客観的に判断できているかをチェックしたいと思っています。長所と短所を正直に伝え、短所の改善の意志をフォローとして添えることが必要です。
弊社に対してあなたがどのように貢献できると思いますか?
価値の感じない事を貢献できるとアピールしても意味がありません。事前に志望する会社の事業や仕事内容・業務内容をよく調べておきます。また、調べるだけでなく会社が求めているスキルが備わっている事を実証できるよう具体的な経験や手法も説明できなければなりません。
あなたが自慢できることは何ですか?
自分をアピールできるチャンスです。自分が他の志願者よりも秀でていると思う部分を考えておかなければなりません。

製薬会社に専門特化してきたヒューマンダイナミックスでは、数多くの求職者を企業へご紹介し、様々なノウハウを蓄積してまいりました。企業の人事が求める人物像を目指し、実際の面接前に、 模擬面接を含む面接指導を行ないますので、 自信を持って、面接に挑んでいただけます。



Q&A

登録や面接指導に関して費用はいるのでしょうか?
転職希望者にサービス料を求めることは一切ありません。
また、厚生労働省より正式な職業紹介所としての許可を受けております。
安心してサービスを最大限ご活用下さい。
応募から入社まではどれぐらいかかりますか?
応募から内定まで約2-3か月かかります。
書類選考(1-2週間)→一次面接→二次面接(三次面接が最終面接の場合があります)→内定
ヒューマンダイナミックスに登録するメリットは?
製薬企業との太いコネクションを持つヒューマンダイナミックスは、製薬企業専門の転職支援業界でトップクラスの転職成功率を誇ります。
製薬企業より依頼された一般に公開されていない求人案件があり、職務経歴書の書き方、面接指導、応募企業への推薦をすることにより有利な転職活動になります。 面接指導は、今まで蓄積された面接データから想定面接質問をご用意し、面接指導を行います。お時間がない方については、電話、メールでの指導も対応しておりますので、内定率が高くなっております。また企業との面接調整、内定後の入社条件(年収・勤務地など)の交渉をいたします。
今すぐの転職は考えていないのですが、登録できますか?
もちろん登録可能です。あなたのペースで満足のいく転職を実現させてください。もちろんコンサルティングも承りますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。
就職活動を今の職場に知られたくないのですが。
登録された方の秘密は厳守します。当サイトでは登録いただいた方のプライバシー保護のため、SSL 暗号化通信を採用していますので安心してご利用ください。面接時などには先方の企業へ登録者の情報をお伝えすることになりますが、その際はご自身の了解を得てからとなります。
医療業界に興味はありますが、自分にどんな仕事が出来るか、また向いているかわからないのですが。
ご登録いただいた方には、キャリアコンサルタントがわかりやすくコンサルティングを行います。適性、キャリアなどからあなたにぴったりの職種などをアドバイスいたしますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。
履歴書、職務経歴書は手書きで作成するのですか?
企業によって反応はさまざまですが、最近は履歴書、職務経歴書をデータで提出してほしいという企業が多くなっています。企業側からすればパソコンのスキルを判断する手段のひとつにもなります。手書きで提出してほしいという企業もありますので、その場合は手書きの履歴書をご用意いただきます。
仕事をしながらだと転職活動の時間が作れません。一度退職すべきですか?
可能であれば仕事をしながら転職活動をすることをお勧め致します。退職から次の会社への転職まで空白の期間が多くなると、企業側の印象もあまり良くありません。また退職すると、収入がなくなることによる金銭面や精神面のダメージも考えられます。退職して時間の余裕ができても、金銭面の余裕をなくし不本意な転職をしてしまうという可能性もあります。